社会福祉法人 牧羊会

施設案内

施設案内

エデンの丘は

エデンの丘

エデンの丘は個室と多床室がある従来型の施設です。
3階(そよかぜフロア)4階(ひだまりフロア)に、それぞれ個室と多床室(2人~4人部屋)がございます。各フロアには広々としたリビングがあり、お食事をされたり、趣味を楽しまれたり、くつろぎのスペースとしてご利用いただいております。
2階にはデイサービス(えんがわ)があり、広いフロアで日々お楽しみいただいております。

  • 施設概要
      • 経営の主体 ・・・ 社会福祉法人 牧羊会
      • 施設名 ・・・ 特別養護老人ホーム エデンの丘
      • 所在地 ・・・ 〒761-8032
                 香川県高松市鶴市町1770-4
      • 電話番号 ・・・ 087-812-3455
      • FAX番号 ・・・ 087-812-3457
      • 代表者 ・・・ 施設長 古川 有希子
      • 法人認可年月日 ・・・ 昭和44年2月18日
      • 事業開始年月日 ・・・ 平成12年6月1日
  • 館内案内図
    • エデンの丘のフロアです

      4階「ひだまりフロア」3階「そよかぜフロア」
        4Fひだまりフロア:ご入所35床 3Fそよかぜフロア:ご入所15床・ショートステイ20床
      2階「デイサービスえんがわ」1階「玄関・事務所」
        2F:デイサービス「えんがわ」  1F:玄関・事務所 

      お気軽にお越しくださいませ。

  • 建物の様子
    • 正面玄関玄関フロア
      正面玄関:お気軽に立ち寄り下さい玄関フロア:たくさんのお花たちがお出迎え
      2階デイサービス・えんがわお風呂
      2階:デイサービス「えんがわ」お風呂:快適なご入浴
      3Fそよかぜフロア4階ひだまりフロア・高い吹抜け
      3F:そよかぜフロア4階:ひだまりフロアの高い吹抜け
      個室の様子多床室の様子
      個室:落ち着けるお部屋多床室:2人~4人部屋になります
      よりあいスペース廊下の手すり
      よりあいスペース:ゆっくりご相談などに廊下:壁には手すりが取り付けられています


  • 医務室より
    • 健康管理 ~健康で安心した毎日を~

      健康管理

      定期的な健康検査、日々の健康チェック、専門医師の診察など、日々きめ細やかな医療ケアを援助します。更に医療機関と連携を密にし、健康管理へ万全を期しています。

      • 日々の健康管理
        朝の申し送り
        ・夜間の利用者の状態報告
        ・各部署の連絡事項の申し送り
      • 夜間の申し送り
        ・状態変化のあった方を確認します。
      往診
      • 医師の指示による医療処置
        週二回  嘱託医による往診
        月二回  精神科医による往診
        月一回  皮膚科医による往診
        月一回  耳鼻咽喉科医による往診

      緊急時医療体制
      看護職員の勤務帯は8時~18時で、早出・日勤・遅出でシフトを組んでいます。嘱託医師との連携を図り、迅速な対応を致します。
      18時以降は、担当看護師が夜勤者からの連絡を受けると、状況にあわせて対応し、医師に報告、指示を受け対応しています。

  • お食事
    • 美味しいお食事

      敬老会

      エデンの丘のお食事は、すべて、手作りで提供させていただいております。
      朝食(8時ごろ)・昼食(12時ごろ)・おやつ(15時ごろ)・夕食(17時30分ごろ)※利用者さまによってお食事の開始時間が異なります。
      調理部では、ご利用者様の状態に合わせて、美味しく召し上がっていただくために、工夫を凝らしたお食事作りをしています。

      • 「集団給食」から「個別サービス」へ
        介護保険制度の見直しに伴い、平成17年10月から介護保険施設では、基本食事サービス費が廃止される一方、高齢者の栄養状態に着目した栄養ケアマネジメントの実施が、介護報酬上「栄養マネジメント加算」として評価されることとなりました。
        高齢者自ら、自分の口を通して食べることは、高齢者の活力の源であり、活動し、生きることの基本です。口から食べることによって、エネルギー・たんぱく質の十分な摂取、身体機能の維持、QOLの維持・向上、生活機能の機能の維持など、要介護状態や重度化を予防できるさまざまな効果があります。要介護人口の増加・重度化が進む今、高齢者の尊厳ある自己実現を支援する取り組みとして、「食べること」が必要とされているのです。
      ひな祭り
      お寿司
      創立記念祭




      • なぜ個別ケアが必要なのでしょうか?
        高齢者は、身体機能の個人差が大きく、口から食べるために必要な機能にも差があります。また、入所前の長い年月での環境の違いから、健康状態や嗜好にも大きな個人差が見られます。高齢者が個人の機能を活かし、安全に美味しく食べるためには、その個人差に対応した食事提供が必要となります。

      • ソフト食について
        ソフト食とは、舌や歯茎だけでも飲み込むことが出来るように、軟らかく、なめらかにした食事をいいます。
        ソフト食をつくるに当たり、食材選び・調理、それぞれの工夫があります。
        食材選びでは、肉・魚類・喉越しをよくするため、油脂の多いものを使用する、また、油脂類を足すなどしています。ここで、ゴマ油などを足すことで、風味もアップします。野菜は、なるべく繊維の少ないものを使用しています。口腔内で食塊形成をしやすいよう、つなぎとして、上新粉や芋類なども使用しています。
        食材を柔らかくするために、一度蒸してから使用し、ミキサーにかけた後、再度裏ごしをしています。提供前に再加熱した後、型抜きするなどして、ビジュアル的に楽しんでいただけるよう工夫しています。
        一見普通の食事のように見えますが、舌や歯茎で押しつぶして召し上がれるよう、工夫してあります。
      柔らかい献立
      柔らかい献立
      柔らかい献立


      盛り付けに工夫を凝らしたことで、「見た目が悪く、食べたくない」とおっしゃていた利用者様にも、召し上がっていただけるようになりました。

  • 沿革・基本理念・基本方針
      • 沿革 ~牧羊会のあゆみ~
      昭和44年 2月 1日  社会福祉法人認可
      昭和44年 6月11日  特別養護老人ホーム「シオンの丘ホーム」開設
      平成 2年 1月22日  ショートステイ事業開始
      平成 2年 6月 1日  ホームヘルプ事業開始
      平成 4年 4月 1日  定員を120人に増員
      平成 4年 8月 1日  老人介護支援センター開設
      平成 4年10月 1日  デイサービスセンター開設
      平成11年 5月19日  高松市ふれあい福祉センター勝賀内デイサービスセンター開始
      平成11年 9月16日  シオンの丘居宅介護支援事業所指定
      平成12年 6月 1日  特別養護老人ホーム「エデンの丘」開設
        (デイサービスセンター「えんがわ」ショートステイセンター併設)
      平成16年 1月 5日  特別養護老人ホーム「シオンの丘ホーム」新築移転
      平成16年 1月 5日  デイサービスセンター「海」開設
      平成26年 9月 1日  総合ケアセンター 「ヨハネの里」 開設
      • 基本理念

      お互いの人間性を尊重し
      お互いが寄り添いあい
      笑顔と安心のあふれる
      明るく楽しい家庭にします

      • 基本方針
        え・・笑顔を絶やさず、専門職として理念と誇りを持ち、自己啓発に努めます
        が・・頑丈な福祉の拠点として地域住民の信頼と期待に応えます
        お・・想いを大切にした利用者様本位のサービスを基本とします
        安・・安心して過ごしていただけるよう最善のサービスの提供に努めます
        心・・心をこめて良質なサービスの提供ができるよう、常に新しい課題に挑戦します
  • お気軽にお越しくださいませ。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional