笑顔と安心をお届けします

法人概要

  • 基本理念:方針
      • 基本理念

      お互いの人間性を尊重し
      お互いが寄り添いあい
      笑顔と安心のあふれる
      明るく楽しい家庭にします

      • 基本方針
        え・・笑顔を絶やさず、専門職として理念と誇りを持ち、自己啓発に努めます
        が・・頑丈な福祉の拠点として地域住民の信頼と期待に応えます
        お・・想いを大切にした利用者様本位のサービスを基本とします
        安・・安心して過ごしていただけるよう最善のサービスの提供に努めます
        心・・心をこめて良質なサービスの提供ができるよう、常に新しい課題に挑戦します

      以上

      トップへ

  • 沿革:定款
      • ~牧羊会のあゆみ~
      昭和44年 2月 1日  社会福祉法人認可
      昭和44年 6月11日  特別養護老人ホーム「シオンの丘ホーム」開設
      平成 2年 1月22日  ショートステイ事業開始
      平成 2年 6月 1日  ホームヘルプ事業開始
      平成 4年 4月 1日  定員を120人に増員
      平成 4年 8月 1日  老人介護支援センター開設
      平成 4年10月 1日  デイサービスセンター開設
      平成11年 5月19日  高松市ふれあい福祉センター勝賀内デイサービスセンター開始
      平成11年 9月16日  シオンの丘居宅介護支援事業所指定
      平成12年 6月 1日  特別養護老人ホーム「エデンの丘」開設
        (デイサービス「えんがわ」・ショートステイ併設)
      平成16年 1月 5日  特別養護老人ホーム「シオンの丘ホーム」新築移転
      平成16年 1月 5日  デイサービスセンター「海」開設
      平成26年 9月 1日  総合ケアセンター 「ヨハネの里」 開設
        (ショートステイ・デイサービス・ホームヘルパー・居宅介護支援事業)
      平成26年 9月 1日  老人介護支援センター及び、
                ふれあい福祉センター勝賀内デーサービス ヨハネの里へ移転
      平成29年 8月15日  生計困難者に対する相談支援事業開始(シオンの丘ホーム)
        (香川おもいやりネットワーク事業加入)
      • 牧羊会 定款

       牧羊会 定款.pdf → 

      以上

      トップへ

  • 人財の育成
      • 基本方針
        牧羊会として、これからの介護サービスは、今まで以上に質の高い専門的なサービス提供を行っていく使命があり、地域福祉に貢献し信頼を得ることを基本としたサービスの質の向上のため、継続した人財の確保・人財の育成、「魅力・希望」が持てる職場づくりを推進します。
      • 主な取組み
      • 自分で「考え・気づき・動ける」積極性にとんだ人財の育成。
      • キャリアパス制度の効果的運用と個別研修システムの運用。
      • 育成研修への支援と強化。
      • 人格・技術・知識ともに優れた人財の育成への適切な評価と登用。
      • 魅力・希望が持てる職場環境づくり。
      • 産業医による職員の健康管理と健康増進への援助。

      以上

      トップへ

  • 事業主行動計画
      • 次世代育成支援対策推進法

        次世代育成支援対策推進法に基づく
        「一般事業主行動計画」の対策について

      • 急速に進む少子化により、平成26年4月に「次世代育成支援対策推進法」が改正されました。この法律では、次世代の社会を担う子供が健やかに生まれ、育成される環境の整備を行うため、仕事と子育ての両立を図るための行動計画を策定し、実施することを定めており、改正により令和7年3月まで10年間延長され、更なる推進・強化を図ることになりました。社会福祉法人牧羊会でも、職員にとって働きやすい職場を目指し、この度、第5回目の行動計画として一般事業主行動計画を策定しましたので、周知いたします。
      • 行動計画の内容は次のとおりです。

               社会福祉法人 牧羊会 行動計画(第5回)

      1:計画期間

      令和3年4月1日~令和7年3月31日までの4年間

      2:内容

      • 目標1
        計画期間内に、令和2年度の年次有給休暇を上回る取得を目指す。
        (その後も、前年度を上回る年次有給休暇を目指す。)
        【対策】
      • 令和3年 4月~  取得率の開示と意識調査
      • 平成3年 10月~  管理者との面談、取得向上への対策を検討
      • 平成3年 10月~  啓発の実施
      • 各毎年  4月~  取得率と取得方法の検証、継続した取組み
      • 目標2
        男性の育児を目的とする休暇の取得率15%以上を目指す。
        【対策】
      • 令和3年 4月~ 男性の育児休暇取得の状況確認
      • 令和3年 7月~ 管理者との面談、取得向上への対策を検討
      • 令和3年 10月~ 啓発の実施
      • 令和4年 4月~ 男性の育児休暇取得の状況検証、新たな制度も検討

      以上

      • 女性活躍推進法

        女性の職業生活における活躍の推進に関する法律に基づく
        「一般事業主行動計画」の対策について

      • 女性の個性と能力が十分に発揮できる社会を実現するため、国、地方公共団体、民間事業主の各主体の女性の活躍推進に関する責務等を定めた「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」が制定されました。社会福祉法人牧羊会でも、職員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うとともに、女性が就業継続し、活躍できつ雇用環境の整備を行うため、一般事業主行動計画を策定しましたので、周知いたします。
      • 行動計画の内容は次のとおりです。

               社会福祉法人 牧羊会 行動計画

      1:計画期間

      平成31年4月1日~令和6年3月31日

      2:当法人の課題

      女性の採用比率、継続年数、管理職に占める女性比率などの基本項目で見ると女性が十分活躍している状況である。前回の目標も年次有給休暇の取得率としていたが、徐々に上昇しているものの、未達であったことから再度同じ目標値として、5ヵ年で達成に向けて取得促進を図っていく。

       ★女性の活躍に関する情報の公表
       ①【登用】管理職に占める女性労働者の割合:72.7%
       ②【継続就業】有給休暇取得率:73.5%

      3:目標と取組内容

      • 目標1
        年次有給休暇の取得率を85%とする
        【対策】
      • 令和1年9月~ 取得状況等を各部署の管理者に報告
      • 令和3年4月~ 取得の偏りがないかを精査
      • 令和4年1月~ 施設内掲示などで取得促進を定期的に実施
      • 令和4年4月~ 各部署において年次有給休暇の取得計画を策定する
      • 目標2
        仕事と介護の両立のための職場環境を整備する
        【対策】
      • 令和1年9月~ 特別休暇制度を検証し、制度の見直しが必要か検討する
      • 令和2年4月~ 子育て目的の休暇制度の導入を検討する
      • 令和4年4月~ 子育てについての制度について再度周知徹底を図る
      • 令和5年1月~ 状況に応じたフォロー

      以上

      トップへ

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional